本日、お散歩日和=@

アクセスカウンタ

zoom RSS 健康の話其の2 「歩いてポイントをため景品を・・・」

<<   作成日時 : 2017/06/30 06:38   >>

トラックバック 0 / コメント 12

平成29年6月30日(金)

6月28日(水)付朝日新聞東京版にウォーカーにとってちょっと興味ある朗報な記事が掲載されていましたので参考迄。
”歩いて健康もポイントも”という記事が掲載されていました。
以前もちょっとお話しましたが、健康のために歩いてポイントをためると、景品と交換できたり、途上国支援につながったりー。
こんな制度を各地の自治体が進めている。 生活習慣病を予防して、できるだけ長く健康を保ってもらうのが狙いです。
☆神奈川県の例☆
港北区新羽地区の保険活動推進員の催す月例ウォーキング。(抜粋)
「よこはまウォーキングポイント」に申し込むと参加者ほとんどが同じ歩数計を貰える。
40才以上を対象に始めた制度で、歩いてポイントをためると特典がある。参加者は商店街など1000ヶ所に置かれた読み取り機を使って歩数を記録。2000〜3999歩で1ポイント、1万歩以上で5ポイントなど、3ヵ月で200ポイント(40万歩分)貯めると抽選で3000円分の商品券が当たる。
参加者の月平均歩数が10万歩に達すると、市は国連世界食糧計画(WFP)に20万円を贈った。現在約24万人が参加しているそうです。
市の担当者は「医療費抑制効果の検証もしていきたい」との手応えを感じている。 👇 (写真下右記事) 
画像

(写真上左記事) 👆 
東京都健康長寿医療センター研究所が1日あたりの歩数と予防・改善できる可能性のある病気の関係をまとめた図です。(写真をクリックすると拡大されます)
厚生労働省の15年の調査では、成人の1日の平均歩数は男性が7194歩で、女性が6227歩。同省は64歳までなら男性が9千歩で、女性が8500歩、65歳以上なら男性が7千歩、女性が6千歩を22年度の目標として定めている。同省は昨年、ポイント制度など健康づくりのインセンティブ事業の指針を作成。

ポイント制度の効果を探ろうと、筑波大学などは14〜16年度、ポイントと商品券が交換できる特典を付け、全国6市で実証実験をし、約1万2600人が参加。開始時と半年後を比べると、1日の歩数が平均約2000歩増えたそうです。
国民健康保険の加入者で実験に参加した人と参加しなかった人を比べると60代で年間約43000円、70歳以上は年間約97000円の医療費を抑える効果があったことが分かったそうです。(抜粋)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

歩数の自己申告ではなく歩数読み取り機での登録等でこんな楽しみや目標をもっていつの間にか健康長寿・医療費削減につながれば嬉しいものですね。
ただし、商業ベースに乗った高価な入会金制度の物もあると聞いていますので、その様な制度の物は避けた方がよいかも知れません。

月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
自治体もなかなかの取り組みをしていますね。
参加者にとっても自治体にとってもいい制度ですね。
自分の区にこのようなものがあるかさがしてみようっと。
walkerZ
2017/06/30 08:07
素晴しい取り組みですね。
参加した人の健康保持になり、それによって自治体も医療費削減、
そして途上国への食料援助の一環となる。
まさに一石三鳥です。
自分の住むわが市にもこんな制度があれば。。。
country walker
2017/06/30 12:04
walkerZさん

コメント有難うございます。
当方の役所はシルバー人材では仕事やボランティアに参加した回数でポイントが付き、溜まるとお金に換えられるシステムがありますが年二回のウォーキングイベントは名目上健康維持でポイントはありません。
ポイント交換システムのウォーキングなどは確かに歩数は増えるはずなので自治体も考えてほしいですね。
あすか
2017/06/30 18:50
country walkerさん

コメント有難うございます。
毎年横浜で行われる国連のWFPイベントは世界の子供たちの食料難援助を行っています。特に横浜市は歩いてポイントがたまるアイデアを推進しています。
何処の自治体も高齢者医療費が火のくるま状態なのでこうしたシステムをどんどん普及してほしいものですね。
あすか
2017/06/30 18:57
特典などに興味深々なので歩いて、ポイントがもらえるとは自治体も色々考えているのですね。
発展途上国への援助ともなれば、張り切って歩けそうですね。
最近はあまり歩き過ぎても良くない・・・との報道もありますが、
自分が好きで無理のない程度に歩くのなら、それで良いのではと思います。
あまり、情報に振り回されるのも疲れます。
ホロホロ
2017/06/30 21:05
ホロホロさん

コメント有難うございます。
各自治体は一番の問題は高齢化社会になり医療費の負担が年々多くなり
四苦八苦状態です。
健康長寿の生活をするにはどのようなことを・・・
そこで考えだされたアイデアだと思います。
参加者も楽しく仲間と語りあいながらポイントも溜まる。
自治体も医療費削減につながる。
問題は年中開催していなければ意味がないので運営には苦労もあると思います。
あすか
2017/07/01 06:09
まだバブルの余韻の残るころ、某企業の運営するサイトで同様の企画がありました。歩数がポイントに換算され、積算して商品券や旅行券に替わる。抽選で海外旅行も当たる。なんてbubblyだったんでしょう。(その後サイトは消滅しました)
こういう企画に参加しようと思う人や参加出来る人は、その時点でほぼ健康、ですよね。こういう企画に参加しようとさえ思わない人(寝た子)をどのように起き出させ歩き出させるか、医療費軽減はむしろその方が近道ですが、これはなかなかの難題ですね。
最近疲れた疲れたと言ってさぼって、でれぇ〜と寝てばかりいます。鼻先に大きなご褒美が欲しいっ!ななおく。
keiko
2017/07/01 09:09
keikoさん

コメント有難うございます。
各自治体はこれからの高齢化社会に対する医療費が膨らむのをいかに抑えるかで頭を悩めているようです。
横浜市は早くからこのポイント制度を取り入れ実行しています。
今年の「WFPよこはまウォーキング大会」でもそんな話がありました。
引きこもりがちになる高齢者をいかに動かすか の問題も大きいですね。

宝くじ7億円当たったら私はお台場の高層マンション最上階を買って毎日レインボーブリッジとモノレールを眺めて過ごす生活をしたいです。ヽ(^o^)丿
あすか
2017/07/01 12:26
私に住んでいるところにもウォーキングでポイントをためる制度があります。
競争率2倍でしたが、現在歩数計を借りて(もらって?)参加中です。
年に2回ポイントや地場野菜がもらえますよ。
ただ、データは市で管理しているのでもし私が双眼鏡とウォーキングマップを持って国会議事堂を見学していたら
つかまってしまうこともあるかもしれません。
ジャランこ
2017/07/01 22:32
ジャランこさん

コメント有難うございます。
いや〜そちらは進んでいますね。
参加会員希望者2倍ですか!
ただ歩くだけではいずれは飽きてしまう人もポイントを貯める目的があれば、私も野菜を狙います。(笑)
確かに議事堂周りで双眼鏡を片手にウロウロしていたら・・・
以前、ある国の大使が来ていた時期、私も駅ハイで国会議事堂とか最高裁判所あたりを歩きながら写真を撮っていたら警察官がツカツカッとよって来たことがありました。(;^_^A
あすか
2017/07/02 07:03
横浜の散歩道ウオークに参加なされている方々の中に、横浜市より歩数計を貸与されポイントステーションで機械にかざしてポイントを確認しているウオーカーがおります。
健康普及員として、初心者を対象にしたウオーキング会を開催しておりますが、出来れば参加して健康に関心を持ってほしいと思われる人に参加を促すのがなかなか難しく課題でもあります。
万歩計 水没してしまい明るいショッキングピンク色のを購入しました。
昨日がいっぱいありすぎて全部使いこなすことが出来るかな?
セロリさん
2017/07/02 15:54
セロリさん

コメント有難うございます。
ここ数年横浜のイベントに出ていますが市は高齢者の健康長寿に力を入れているようです。
確かに普段のお散歩でも長い間継続させるのに慣れるまではかなりの努力が必要なので初心者には距離は短いと解かっていても継続させるのは困難かも知れませんね。
私の歩数計はオムロンの黄色です。私も何回か歩数計をズボンから外さないで洗濯場へ・・・慌ててはずしに行ったことがありました。
最近の歩数計は通常歩行とか速足歩行とかがあるのでややこしいですね。
腕時計型のカシオの歩数計は時速もわかるので面白いです。
あすか
2017/07/02 18:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
健康の話其の2 「歩いてポイントをため景品を・・・」 本日、お散歩日和=@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる