本日、お散歩日和=@

アクセスカウンタ

zoom RSS 小石川後楽園から白山神社

<<   作成日時 : 2017/06/09 17:25   >>

トラックバック 0 / コメント 4

平成29年6月9日(金)

関東地方も梅雨に入りました。
小石川後楽園の花菖蒲と白山神社のアジサイ祭のプチウォークをしてまいりました。

〇小石川後楽園
画像
江戸時代初期に水戸徳川家の江戸上屋敷内につくられた築山泉水回遊式の日本庭園(大名庭園)であり、国の特別史跡及び特別名勝に指定されています。画像画像画像

写真左下
庭園内からは東京ドームの銀屋根と遊園地のジエットコースターが観えます。
光圀さんもまさかこんな光景を想像したでしょうか。 👇

〇こんにゃく閻魔様(源覚寺)
画像
寛永元年(1624)現在地に開創。
眼病平癒の「こんにゃくえんま」として親しまれています。
宝暦年代(1751〜1764年)のころ、源覚寺に目を患う一人の老婆が参拝に訪れ、「目がよくなりますように」と、21日間ずっと祈願しました。すると、21日目の夜、夢の中にえんま様が現れ、「願掛けの満願成就の暁には、私の両目の内、一つをあなたに差し上げよう」と老婆に告げました。その後、老婆は目が見えるようになり、喜んで閻魔堂を訪れ、えんま様の右目が変わっていることに気がついたのです。えんま様がお告げの通り自分に目を与えてくださったのだと知った老婆は、亡くなるまでずっと好物のこんにゃくをお供えし続けたと伝えられています。
そのためここの閻魔様は右目が濁っています。(資料参考) 👇

画像

〇白山神社
画像
天暦年間(947〜957)に加賀一宮白山神社を現在の本郷一丁目の地に勧請したと伝えられます。
後に元和年間(1615〜1624)に2代将軍秀忠の命で、巣鴨原(現在の小石川植物園内)に移ったが、その後五代将軍職につく前の館林候綱吉の屋敷の造営のため、明暦元年(1655)現在地に再度移ったそうです。
画像画像
梅雨に入った瞬間晴天になりメトロで後楽園駅下車し小石川後楽園から西方町のこんにゃく閻魔へ 白山通りを白山神社へ ここまで来れば帰路も徒歩帰宅でした。総歩数距離約10.5キロ

月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
小石川後楽園、一度訪れてみたいと思いつつも、未だに叶うことなく今日まで来てしまいました。
流石は大名庭園、見事なものです。
花菖蒲が見頃ですね、自分たちも先日毎年訪れている花菖蒲園に行ってきました。近々UP致します。
明日は里山に行き、日曜日にはユリ園へのウォーキングに参加するつもりですが、気になるのはお天気です。
country walker
2017/06/09 21:19
country walkerさん

コメント有難うございます。
この時期になると気になるのが近場の小石川後楽園と白山神社です。(笑)
普段のイベントでは両方とも良く行く場所ですがこの時期にはあまり記憶がありません。
白山神社のアジサイは今年は少な目な感じがしました。
花菖蒲は期間が限られるので来週もイベントに参加予定です。
あすか
2017/06/10 06:38
小石川後楽園の花菖蒲園、見事ですね。
菖蒲の時期には訪れたことがありません。CMさんで混雑していましたか?
白山神社の紫陽花も綺麗に咲いています。梅雨時の綺麗なお花を見せていただきました。
ホロホロ
2017/06/10 18:21
ホロホロさん

コメント有難うございます。
今時期になるといつもフラッと出かける場所です。
気持ちは鳥撮と同じかもしれませんね。(笑)
ここにもお隣 大国のお客さんが大勢いました。
開園早々でしたので混雑が無く三脚を立ててパチパチやってました。
(本来は三脚・一脚は禁止と注意書きがされています)
白山神社のアジサイは今年はあまり綺麗ではありませんでしたが、やはりこの時期には大勢押し寄せます。
あすか
2017/06/11 06:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
小石川後楽園から白山神社 本日、お散歩日和=@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる