本日、お散歩日和=@

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅ハイ 松戸

<<   作成日時 : 2017/05/18 16:30   >>

トラックバック 0 / コメント 6

平成29年5月18日(木)

江戸川松戸フラワーライン・水とみどりと歴史の回廊をめぐる
画像
松戸駅周辺の穴場スポットを巡るコースです。松戸市の新たな魅力を発見していただけます。(主催者側)
また松戸市上本郷には古くからの言い伝えとして「上本郷七不思議」と呼ばれる話が伝承されているそうです。
1.ゆるぎの松 2.八百比丘尼の話 3.風早神社の大杉 4.切られ地蔵 5.二ツ井戸 6.官女の化けもの 7.富士見の松

※期間設定:5月12日(金)〜5月21日(日)
※受付場所・時間:千葉県・常磐線松戸駅びゅうプラザ横 9:30〜11:30

<コース>
スタート地点:JR常磐線松戸駅➡来迎寺(らいこうじ)➡江戸川松戸フラワーライン➡吉祥寺➡金山神社➡風早神社➡カンスケ井戸➡本福寺➡本覚寺➡ゆるぎの松跡➡明治神社➡二つ井戸跡➡ゴール地点:JR北松戸駅 の約8キロ

〇スタート地点:JR常磐線松戸駅(9時30分スタート)
画像画像

〇来迎寺(らいこうじ)
画像
慶長14年(1609年)創建の浄土宗の寺院で小金東漸寺の末寺。境内には松戸二十一ヶ所第十三番の大師堂や珍しい六角灯籠型六地蔵(写真右端)が祀られています。かつて平潟にあった妓楼九十九楼の墓が現存します。

〇江戸川松戸フラワーライン
画像
江戸川の河川敷に広がる約2へクタールの花畑です。成7年に「緑花清流のまちづくり」構想のもと、市民と行政のパートナーシップで荒地だった河川敷を花畑に整備しました。画像
画像

江戸川の常夜灯
江戸から大正にかけて江戸川は舟運が栄え、明治になると「通運丸」と云う外輪船の客船が就航していました。夜には明かりが灯り河岸(船着場)の位置を知らせたそうです。
画像


〇吉祥寺
画像
創建年間は不明ですが、最古で天和年間(1681〜1684)の石碑があるお寺です。薬師堂には、弘法大師自らが一本の木から作った三体の薬師像のうち根本部分で作られた薬師像が納められ、他二体は中根が馬橋中根寺、上部が印西市歓喜院に祀られています。吉祥寺のある松戸市根本という地名はこれが由来だと伝えられています。画像

〇金山神社
画像
祭神は金山比古命。富士講の信仰が盛んな場所だったようで、富士登山記念碑が多く設置されています。

〇風早神社(大杉 七不思議)
画像
この神社の創建については不詳。中世風早庄を治めた千葉氏の一族風早氏の居館跡に建てられた神社。江戸時代には江戸幕府から朱印状が与えられていたそうです。
二ツ木村の伝説では風早神社の大杉の影の当たる田は風早神社の霊験により実りが多かったので、その御礼として毎年米を供えたと伝えられています。

〇カンスケ井戸
画像
窪地からこんこんと湧き出る水は、かっては、飲料水・農業用水として親しまれていました。路地先の医師団は「井戸坂」と呼ばれ、昔の人は水桶を背負い、丘の上まで水を運んだと言われています。
画像画像

👈 「井戸坂」と言われていた階段坂。

〇本福寺
画像
時宗の第二世他阿上人により、鎌倉時代後期の嘉元元年(1303)に開基されたお寺です。 松戸市の有形文化財に指定されている「鉦鼓」があります。(しょうこ)とは、雅楽で使われる打楽器の一つ。 この「鉦鼓」は嘉元元年の銘があり、作られた時代の古さで言えば日本で6番目に古いそうです。画像

幕末の嘉永4年(1851)に長州藩(江戸藩邸)を脱藩した吉田松陰が東北遊歴の際、初日に泊まった寺としても知られています。
(松陰22歳の時)

〇本覚寺
画像
日蓮宗のお寺です。本覚寺の大きな特徴は境内からの眺望の素晴らしさです。国道6号線(水戸街道)沿いの高台に位置し、富士山、新宿の高層ビル群、池袋サンシャイン、東京スカイツリー、時には六本木ビルズの姿も眺望することができるそうです。画像

〇ゆるぎの松跡(七不思議)
画像
本覚寺境内から少しはなれた墓地にありましたが、大正13年8月24日夜に樹齢が尽き倒れ、現在では石碑のみとなっています。この松の幹をなでるとその大木がぐらぐらと揺れ動いたことがその名の由来になったと言われています。画像

今回の一番解らなかった場所です。
他家のお墓の後ろ側に石碑がありました。👆 👉

〇明治神社
画像
創建から「妙見社」と称して妙見大菩薩を祀っていました。妙見様は千葉氏とその一族の守護神で、移り住んだ全国各地の領地付近に必ず祀ってきました。 神仏混合禁止によって明治2年に社名を明治神社に改められました。

〇二つ井戸跡(七不思議)
画像
明治神社から北松戸駅へ向かう坂道の途中に二つ井戸の石碑が建っています。ここには撥ね釣瓶(はねつるべ)の二つの井戸があったが、どちらか一方の水が澄んでいると、もう一方は濁っていたといわれます。

〇ゴール地点:JR北松戸駅(午後12時ゴール)
画像画像

実歩数距離:13447歩 9.2キロ
総歩数距離:20163歩 13.9キロ

月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
松戸、自分は全く知らない土地です。
常磐線の沿線とあり、茨城県まで遠征?と一瞬思ってしまいましたが
本文を読めば東京に近い千葉県なのですね。
タイトルには江戸川の文字もあるのに・・・
「そんななことも知らないのか・・・」と松戸の人に叱られそうです。
country walker
2017/05/18 19:25
country walkerさん

コメント有難うございます。
松戸市は東京・千葉・茨城に囲まれた地域で、今は東京のベッドタウンと化しています。都心には電車乗り換え無く1本で行ける所です。
が、地元の方には申し訳ありませんが、私も常磐線沿線の松戸・柏・取手あたりの知識があまりありません。
松戸は20世紀梨の産地とアジサイで有名な「本土寺」ぐらいしか知りません。
そんな事で今回初めて参加した場所です。
ブログ上の説明もあまり出来ず申し訳ありません。(;^ω^)
あすか
2017/05/19 06:39
松戸って都心に近いという認識はあるのですが、
なかなかなじみのない土地です。
こちらのコースはぽぴー畑が鑑賞できるのですね。
ゆるぎの松跡碑は、よく見つけましたね。
写真を見る限り、本当に普通の墓石に紛れてますね。
walkerZ
2017/05/20 08:39
walkerZさん

コメント有難うございます。
地元の人には申し訳ないのですが、私も常磐線沿線はあまり知識もなく
今回松戸は始めてでした。
江戸川河川敷はポピーが今が盛りと咲いていましたが他の場所はあまり印象には・・・坂が多かったです。
「ゆるぎの松跡」は参加者のほとんどが解らなかったみたいです。
貰った地図には「石碑」と書いてありましたが他のお墓の真後ろに、しかも漢字で書いてありました。
解からないで帰ると心残りがでてしまうので意地になって探しました。(;^ω^)
あすか
2017/05/20 09:17
昨晩、コメントしたのですが、どこかへ行ってしまったようですね(^^)
松戸は私も河川敷には冬、鳥撮りに行きますが、街中はほとんど知らないです。
ゆるぎの松跡は難しそう・・・私だったら多分諦めてます!
昨年暮れの駅ハイ松戸で市内にある、旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)へ
行きました。江戸幕府最後の将軍慶喜も弟のこの家へ度々訪れていたそうです。
今回はコースに入っていませんね。
ホロホロ
2017/05/20 19:32
ホロホロさん

コメント有難うございます。
ブログって時たま理解できないことがありますね。
私もお仲間さんに投稿(コメント)したら”拒否”何て出たりしたことがありました  (^^;)(笑)

松戸界隈はアジサイ時期の本土寺か梨の産地と中山競馬場ぐらいしか解かりません。結構坂道や長い階段道が多かったです。
そんな事もあり今回初めて参加しました。
そうですか!旧徳川昭武庭園も・・・
範囲の問題もあるでしょうが、そういう所もコースに選んでくれれば歴史好きな人には喜ばれますよね。
地図には★印があっても現地には何も説明板が無く探すのに苦労しました。
あすか
2017/05/21 06:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅ハイ 松戸 本日、お散歩日和=@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる