本日、お散歩日和=@

アクセスカウンタ

zoom RSS 第16回 桜ウォーク 2017

<<   作成日時 : 2017/04/02 15:35   >>

トラックバック 0 / コメント 6

平成29年4月2日(日)

元気でっしょい!
第16回ウォーク 2017

歩くことから始める健康づくり 桜を見ながら家族で楽しくウォーキング

地元区役所の年2回開催の内の石神井川沿いを歩く春のウォーキングイベントです。
画像
毎年恒例のウォーキングイベント「桜ウォーク」が今年、東京2020オリンピック・パラリンピック公認イベントとなりました。桜をながめて春を満喫し、「歩くことから始める健康づくり」に取り組みながら、みんなでオリンピック・パラリンピックを盛り上げましょう。体力や健康状態に合わせて距離も選べます。お誘い合わせのうえ、お気軽にご参加ください。ゴールした方には、参加記念バッジを差し上げます。
リオ2016パラリンピック男子4×100mリレー銅メダリストの多川知希選手の来場が決定しました。ウォーキングのアドバイスなどが受けられます。(北区広報)
画像

※スタート受付:午前9:00〜10;00
※ゴール受付:午後1:30まで

<コース>
スタート地点:北区役所第一庁舎中庭(9時)➡石神井川沿い遊歩道(北側)➡板橋(折り返し)➡石神井川沿い遊歩道(南側)➡ゴール地点:北区役所 の約6.5キロ(途中折り返し可)

〇スタート地点:北区役所第一庁舎中庭(9時)
画像画像

スタート前のご挨拶
左側が区長
右側がリオ2016パラリンピック男子4×100mリレー銅メダリスト「多川知希」選手。
画像

区長の合図でスタートです。
衆議院議員元太田環境庁長官の顔も見えます

〇石神井川沿いを歩きます
画像画像画像

〇谷津大観音(寿徳寺)
画像
寿徳寺は、建保2年(1214)早船・小宮の両氏が主家の梶原氏と争い、追われて落ち延びる途中で水中から拾いあげ、これを石神井川の川沿いの堂山に安置したのに始まると伝えられています。本尊は、谷津子育観音と親しまれている他、新撰組の近藤勇、および隊士の菩提寺でもあります。
「谷津」は当地の古くからの呼び名で現在でもその名で親しまれておりますことから谷津大観音と呼称することにしました。
画像

〇帝京大学病院前を通ります
画像画像

帝京大学病院 👉

〇折り返し地点:板橋
画像
旧中山道が石神井川を渡る地点にかけられた橋で、「板橋」の地名の由来となったともいわれている橋です。
江戸時代の板橋は太鼓状の木造の橋で長さは九間(約16.2m)、幅は三間(約5.4m)あったそうです。
橋の上の道が旧中山道です。
画像画像

〇加賀公園
画像
江戸時代、このあたり一帯には加賀藩前田家の下屋敷があり、その広さは21万7千坪余りにものぼりました。この公園は屋敷内庭園にあった築山の跡です。近隣には加賀の地名をはじめ、金沢橋や加賀橋等、加賀藩に因む名が見られ、解説パネルによれば、約二万八千坪、金沢の兼六園の約七倍、江戸にある大名屋敷の中で最大であったといわれています。
画像画像

加賀前田家下屋敷跡”の石標。

〇弾道検査管(爆速測定管)の標的
画像
明治期から戦前の昭和初期にかけて、加賀公園とその西に隣接する野口研究所の辺りに板橋火薬製造所の火薬研究所があったといわれています。加賀公園の築山の中腹には、当時、弾道検査管(爆速測定管)の標的として使われたコンクリート製の構築物が残されています。野口研究所構内には弾道検査管の一部も残されているという。また築山南側の道路上の部分は板橋火薬製造所内に設けられた電気軌道(トロッコ)の線路敷跡らしい。加賀公園内には「弾道検査管(爆速測定管)の標的」や「電気軌道(トロッコ)線路敷跡」について解説したパネルが設けられています。画像

弾道検査管(爆速測定管)の標的 ➡
画像

金沢橋南交差点
後方の小高いところが加賀藩下屋敷跡

〇音無もみじ公園・松橋弁財天洞窟跡
画像
このあたりまで金剛寺の縄張りであったらしい。
江戸時代には、特に紅葉の名所として知られ、崖下には弁天の滝や洞窟があったと言われています。
その洞窟には弘法大師作と伝わる弁財天(吉祥天とも)像があったといい、 そこに源頼朝が太刀を奉納したとの伝承があrます。
画像
👆 この辺りにお城があったという伝承。それは、戦国時代に豊島氏の一族・滝野川氏の居館であった滝野川城。その後、滝野川氏は豊島氏と同じく、扇谷上杉家の武将・太田道灌に攻撃され滅亡してしまいます。

〇城跡や源頼朝などの伝承が残る金剛寺
画像
このお寺は、紅葉寺とも言われるそうですが、それは、8代将軍吉宗がこの辺りにもみじを植栽したからだとか。残念ながら、今はほとんど残っていません。
門前の高札には石橋山の合戦で敗れた鎌倉幕府初代将軍の源頼朝は、一旦安房へ退き、体制を建て直してこの地に陣を敷いたらしい。そして、ここから鎌倉を目指したと書かれています。当時、この辺りは松橋と呼ばれていて、頼朝は、石神井川河岸の洞窟に祀られた弘法大師作といわれる弁財天に祈願したと言われています。
画像

〇音無さくら緑地
画像
Uの文字を時計回りに45度傾けた形の緑地ですが、これは石神井川の旧川を利用して作られました。自然の川岸が残され、ヘアピンカーブの先端では12〜13万年前の東京付近が海底にあったことが解かる古い地層を見ることができます。
〇音無さくら緑地自然露頭
画像画像

12〜13万年前の東京付近が海底にあったことが解かる古い地層

〇ゴール地点:北区役所
画像
参加リボン回収と記念ピンバッチを貰います。
画像

ゴールのスタンプを捺印

実歩数距離:10505歩 7.1キロ
総歩数距離:19216歩 12.8キロ(帰路は徒歩帰宅)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


<番外編>
〇醸造試験所跡地公園(赤レンガ)
画像
この建物は、明治時代に建設され、醸造に関する唯一の国立の研究機関施設として、日本酒造りの近代化と発展に貢献しました。平成26年12月10日に国の重要文化財(建造物)に指定されました。
静かに桜を鑑賞できる穴場スポットになっています。
画像

〇音無親水公園
画像
小平市の東部を源にして隅田川に注ぐ石神井川の旧流路に整備された公園です。石神井川は、北区付近では“音無川”と呼ばれ親しまれ、古くからの春の桜・夏の青楓と滝あび・秋の紅葉など四季の行楽の名所、景勝の地でした。日本の都市公園百選にも選定されています。
画像

〇飛鳥山公園
画像
徳川吉宗が享保の改革の一環として整備・造成を行った公園として知られる。吉宗の治世の当時、江戸近辺の桜の名所は上野寛永寺程度しかなく、花見の時期は風紀が乱れた。このため、庶民が安心して花見ができる場所を求めたという。開放時には、吉宗自ら飛鳥山に宴席を設け、名所としてピーアールを行った。と言い伝えがあります。

今回は昨年と違い21日の開花宣言が出てから寒さが続き今日現在5分咲きでした。

<4月の予定>
〇駅ハイ 平井 4月1日(土)〜4月9日(日)
〇駅ハイ 千駄ヶ谷 4月7日(金)〜4月16日(日)
〇駅ハイ 田町 4月21日(金)〜4月30日(日)
〇ウォーキングフェスタ東京(小金井公園) 4月29日(土) 20キロ/ 4月30日(日) 10キロ 

月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今日、夕方のTVニュースで東京のサクラが満開になったことや六義園の様子などが放映されておりました。
当地方では漸く開花宣言が出たところです。
桜、さくら、サクラの中のウォーキング、さぞかしと想像いたします。
当地でのこの状態になるのは今週末ぐらいでしょうか・・・

country walker
2017/04/03 21:06
記事を読み進めていくうちに金剛寺と音無もみじ公園に見覚えが。
駅ハイで行った場所でした。石神井川の板橋方面は歩いたことがありません。
加賀公園は興味がありますね。機会があれば行きたいです。そういえば板橋の方面の駅ハイは見かけないような気がしますが・・・
番外編は知っているスポットばかりでにこやかに拝見しました。
どこも櫻、綺麗です!
ホロホロ
2017/04/03 21:35
country walkerさん

コメント有難うございます。
今年は開花寸前で低温が続いたので蕾も開花をためらったようです。(笑)
六義園の枝垂桜も本来ならもうライトアップも終了時期なのですが5日ほど伸ばしたそうです。
今日は染井吉野の地元という事で近所の記念公園等廻ってこようと思っています。もちろん六義園にも開園を待って行くつもりです。(徒歩です)
あすか
2017/04/04 06:23
ホロホロさん

コメント有難うございます。
このローカルイベントは今回から2020東京オリンピックパラリンピックの公認イベントになりました。
秋は赤羽駅前から足立区の都市農業公園まで荒川沿いを歩くイベントは10月22日と決定しました。
以前「駅ハイ王子」の時にこの金剛寺あたりを歩きましたね。
「板橋」は昨年の「東京ウォーク」で雨の中この橋を渡りました。(笑)
石神井川の桜は両岸から川を覆う桜並木になりとても圧巻です。
今日は近所のソメイ地域の桜歩きでもと思っています。
あすか
2017/04/04 06:42
知っている地名に、目を凝らしブログを拝見しております。
王子駅ハイで歩いた場所や、旧中山道歩きの時「板橋」を渡った事などを思い出し、嬉しかったです。
源頼朝の伝承がある「金剛寺」行って見たいですね〜。
鎌倉は、明日より「鎌倉祭り」ですが、天気が気になります。舞殿での「静の舞」を楽しみにしているのですが・・・・
セロリさん
2017/04/08 17:55
セロリさん

こちらまでコメント有難うございます。
このイベントは石神井川の両岸を板橋迄(片道3.5キロ)歩く約7キロほどのファミリーなイベントなので老若男女の参加者が多くいます。特に女性の高齢の方々が目立ちました。
今回から2020東京オリンピック・パラリンピックの公認イベントになりましたので余計多くの参加者でした。
鎌倉祭ですか! 流鏑馬を観てみたいです。
舞殿での当時の舞が観られるのですね!
数年前の5月に鎌倉から江の島迄富士山を眺めながら歩いたことを思い出します。
あすか
2017/04/08 19:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
第16回 桜ウォーク 2017 本日、お散歩日和=@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる