本日、お散歩日和=@

アクセスカウンタ

zoom RSS 第9回 神田川さくらウォーク

<<   作成日時 : 2017/03/27 09:04   >>

トラックバック 0 / コメント 8

平成29年3月26日(日)

主催:神田川さくらウォーク実行委員会
共催:TWA・武蔵野ウォーキング協会
後援:武蔵野市教育委員会

集合場所:井の頭自然文化園広場 (JR吉祥寺駅 公園口)
受付時間:8時15分〜8時45分
距離:10キロ・17キロ・28キロ(いずれも自由歩行) 地図は表面 👇
画像

東京都三鷹市井の頭恩賜公園内にある井の頭池に源を発し東へ流れ、隅田川に合流する。流路延長24.6km、東京都内における中小河川としては最大規模で、都心を流れているにも拘らず全区間にわたり開渠(ふたをしていない水路)であることは極めて稀です。
かつては「神田上水」を取水し、江戸の水道として利用されていました。
1590年(天正18年)に江戸に入府した徳川家康は、海辺で井戸によって真水を満足に得ることができない江戸の飲料水を確保するために当時の名前の「平川」を改修し、「井の頭池」・「善福寺池」・「妙正寺池」を水源とする神田上水を整備したのが始まりとされています。
井の頭恩賜公園源の神田川に架かる橋はゴールの台東区「柳橋」迄に140の橋が架かっています。

<28キロコース> 今年も28キロに参加しました。
スタート地点:井の頭公園➡久我山駅前➡高井戸駅前➡塚山公園➡神泉橋(10キロゴール地点)➡中野富士見町駅前➡(山手通り)➡(青梅街道)➡神田上水公園(17キロゴール地点)➡小滝橋➡せせらぎの里➡高戸橋➡江戸川公園➡飯田橋ハローワーク前➡お茶の水橋➡万世橋➡和泉橋歩道橋➡浅草橋➡ゴール地点:台東区柳橋
ゴール受付時間:13時〜16時

〇スタート地点:井の頭恩賜公園(9時スタート)
画像

1917年(大正6年)5月1日開園。三宝寺池(石神井公園)・善福寺池と並び、武蔵野三大湧水池として知られる井の頭池を中心とした公園です。井の頭恩賜公園は今年開園100周年を迎えます。
朝からの雨で参加者もまばらで役員の方が多く感じられました。参加者約150名程の感じ。

画像
井の頭弁財天(右側)

〇水門橋 神田川の始まりです。
画像
神田川に架かる140の橋の最初の橋がこの水門橋です。

👈 ひょうたん池水門
井の頭公園「ひょうたん池」から水門を通し神田川へ。
画像

神田川の始まりです。
画像画像

神田川最初の橋「水門橋」を渡ります。 👉

〇ここから自由歩行になります
画像
水門橋を渡り、井の頭公園駅手前でスタート印を捺印し、ここから自由歩行となります。
画像
画像

神泉橋(10キロゴール地点) (10時50分通過) 現在河川敷工事中に付き迂回しました。
画像
神田川に架かる140の橋の44番目の橋です。
ここには武蔵野市の境浄水所から世田谷区の和田堀給水所に通じる送水管が通っています。(橋下のパイプ管) 神泉橋は江戸時代の上水路と近代水道が交差する「泉」の名を持つ橋の界隈にふさわしい場所と言われています。
画像
雨の為役員もガード下で待機です。

〇(山手通り)➡淀橋(写真右側は青梅街道)
画像
このあたりで既に私の前後には参加者の姿は見えず単独歩行に。

神田上水公園(17キロゴール地点) (12時30分通過)
画像
神田川沿いの遊歩道に沿って整備された公園です。延長約600mのなかに流れや遊具で遊べる空間があります。園内の桜並木はみどりの新宿30選に選ばれており、四季折々に美しい場所です。
第二チェックポイントでも雨の為ガード下で待機。 御苦労さまです!
参加者の半数は雨の為この17キロ地点でゴールする人が多かったようです。
画像

〇小滝橋交差点
画像
神田川に架かる140の橋の92番目の橋です。
昔はこの橋の下に小さな堰が存在した。そこを流れる水が小さな滝のようになっていたことから小滝橋(おたきばし)という名前がついたそうです。江戸時代には橋の周囲に茶屋が並び、夏の納涼の時期には大変賑わったと言われていました。上流には「淀橋」があります。

ここまで来るとゴールまでの距離感も掴め足取りも軽く急ピッチ。(笑)

〇高戸橋
画像
神田川に架かる140の橋の106番目の橋です。
高戸橋は明治通りを渡す橋で橋の名前は、高田と戸塚の双方の土地名の頭文字をとったものとされています。
画像
都電荒川線 早稲田駅始発・終点駅
この駅の先に昔は都電の早稲田車庫がありました。

〇江戸川公園 (江戸川橋)
画像画像
今は穏やかなこの川も以前台風で氾濫し近隣の住宅に大きな被害が出たことがありました。
画像

江戸川橋
神田川に架かる140の橋の115番目の橋です。
神田川沿いに広がる東西に細長い公園です。川に沿ってソメイヨシノが続きます。神田川河川改修に伴い、昭和58年(1983年)に新たに桜の木が植えられ、現在では開花の時期になると多くの花見客で賑わっています。

子供のころこの橋の上から四手網で魚を取って遊んだ場所です。
画像

〇飯田橋ハローワーク前
画像画像
JR総武線飯田橋駅前交差点 👆
飯田橋ハローワーク(職安) 👉

〇お茶ノ水分水路・神田上水懸樋(掛樋)跡 (JR水道橋駅から御茶ノ水へ行く坂の途中)。
画像
お茶ノ水分水路
神田川が大雨などで増水したときに備えて川幅を拡張することは、もう物理的に不可能なので、その代わりに作られた「水の逃げ道」なのだそうです。ただ、新たに街なかに川を造るのは無理なので、地下を通すことで、「暗渠」として誕生させました。
現在、水上見学コースにもなっています。
画像
神田上水懸樋(掛樋)跡
江戸時代、神田川に木製の樋(懸樋)を架けて神田上水の水を通し、神田、日本橋方面に給水していました。明治34年 ( 1901 )まで江戸 ・ 東京市民に飲み水を供給し続け、日本最古の都市水道として大きな役割を果たしました。 いずれも後方に神田川が流れています。

〇お茶の水橋
画像
神田川に架かる140の橋の131番目の橋です。

〇万世橋
画像画像
神田川に架かる140の橋の134番目の橋です。(エキュート)
エキュートは以前の万世橋駅 その後、鉄道博物館(現在は埼玉へ移転) 👆
肉の万世本店 👉

〇浅草橋
画像
神田川に架かる140の橋の139番目の橋です。
画像
前方ガード左側がJR総武線浅草橋駅。

〇ゴール地点:台東区柳橋(午後3時時ゴール)
画像
神田川に架かる140の橋の140番目の橋です。
ゴールはいつもはこの柳橋たもとで役員が待機していますが本日は雨の為近くのビルの軒下へ移動です。

昨年は2〜3分咲きの曇り空でしたが今年は東京の桜開花は21日に開花宣言後またまた気温低下の日々、気温8℃の中でのイベント参加となりました。
昨年の大江戸線一周時は朝からの大雨でリュック内部迄浸水したこともあり、約30キロの長距離の今回はリュックを始め帽子からダウン・暖パン迄防水スプレーをかけての参加の為以前のような被害は受けずに済みました。
 
実歩数距離:41595歩 30.3キロ(5時間23分)
総歩数距離:49948歩 34.5キロ

                 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<番外編>
〇関口芭蕉庵(江戸川公園側)
画像
俳人松尾芭蕉(1644〜1694)が、2度目の江戸入りの後、1677年から3年間この地に住んでいました。
当時、旧主筋の藤堂家が神田上水の改修工事を行っていて、芭蕉はこれにたずさわり、工事現場か水番屋に住んだといわれています。

〇椿山荘神田川沿い入口
画像

〇東京ドームシティ(JR水道橋)
画像

〇秋葉原電気街(万世橋)
画像





月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
雨の中の長距離ウォーク、お疲れ様でした。
写真撮りながら、その他の歩止まりもありながら、速いですね。
桜、少し咲いていますね。
高戸橋あたりからは私もウォーク大会で何度か歩いた場所です。
ホロホロ
2017/03/27 20:20
ホロホロさん

コメントいつも有難うございます。
予報通り朝家を出る時から雨でしたが小雨なのと風がないので参加する事にしました。(笑)
昨年は場所場所で桜が咲いていましたが今年は1週間ほど開花がズレたようでした。
昼食も取らず歩きっぱなしでしたが「歳には勝てず」で、昨年と同じような時間でした。
以前、雨でカメラをダメにしているのでそれが気がかりでした。(;^ω^)
子供のころから見慣れた場所まで来るとやはり安心感も出て疲れもなくなりました。ヽ(^o^)丿
あすか
2017/03/28 06:22
雨の中を28キロコースに参加・・本当にお疲れ様でした。
私には、到底歩くことが出来ない距離ですので、いつものようにこちらのブログで歩いたつもりに!(笑)所々この数年間参加している「駅からハイキング」の時に、何度か歩いた場所も登場するので懐かしく拝見しました。
桜の時期は、見事なのでしょうね。
橋が140あるとは、知らなかったので段々衰えてきた「脳」にインプットします。(笑)
セロリさん
2017/03/28 09:19
あすかさん
靴の中は濡れませんでしたか?
リュックなどは防水スプレーで大丈夫なのですね〜

桜はまだか・咲いたら長い間楽しみたい・そのためには
少し寒いのは歓迎・でも雨は困る…
人間の思惑はさまざまですが、神田川沿いの桜は毎年どんなことを思って咲いているのかなぁ。
25日の東京を歩きながら
「やっぱり東京の『あるきどき』は3月まで」と感じました。暑くも無く寒くも無く。
keiko
2017/03/28 10:03
セロリさん

コメントいつも有難うございます。
毎年あるイベントを抜いてしまうのも気になるもので今年も参加してしまいました。(;^ω^)
時間的には昨年とほぼ同じなので納得しています。
第二チエックポイントが過ぎたあたりからは地図もいらない程の場所で時間・距離も読めたので疲れも半減します。
高田馬場から先は子供のころの遊び場所なので懐かしさもありました。
特に江戸川橋前後は今でも橋の名前は憶えていました。(笑)
あすか
2017/03/28 18:44
keikoさん

コメントいつも有難うございます。
靴は防水になっているので靴下もカラカラでしたがポンチョを被って長い距離を歩くとダウンやシャツも湿気で雨で湿ったように濡れていましたが以前のような水害はありませんでした。(笑)
かぐや姫の「神田川」の石碑も途中の小さな公園にありますが、
私のイメージとして早稲田界隈の神田川あたりが一番イメージに近いのではと思います。子供のころは早大近くの神田川沿いにはジャン荘や多くの下宿がありました。
江戸川橋あたりまでが桜の綺麗な場所です。
今年は開花宣言後の低温が続き今日あたりからぼつぼつ咲きはじめたので今年は4月15日あたり迄持ちそうです。
明日は駅ハイの桜鑑賞イベントへ参加予定です。
あすか
2017/03/28 19:06
先日仰っていた28kmコースですね。
雨でしかも気温8℃の中での完歩、素晴しいを越えて凄いの一語です。
今の自分では到底考えられない距離です。
私なら3日間かけて漸く歩ける距離だと思いつつ拝見いたしました。
country walker
2017/03/28 20:40
country walkerさん

コメント有難うございます。
毎年参加しているイベントですので
今年は不参加というのも気持ちが引いてしまうのでまたまた参加しました。
やはりスタート前からの雨ですので参加者も少なくおまけに中間点でのゴール者も多かったようです。
私は、ゴールの方が家までが近いので・・・(笑)
あすか
2017/03/29 06:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
第9回 神田川さくらウォーク 本日、お散歩日和=@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる