本日、お散歩日和=@

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅ハイ 保土ヶ谷

<<   作成日時 : 2017/03/11 08:04   >>

トラックバック 0 / コメント 12

平成29年3月10日(金)

浮世絵パネル設置記念 旧東海道保土ヶ谷宿 歴史の道散策
画像

保土ヶ谷宿として賑わいをみせた当時の風景が数多く浮世絵に残されています。
駅にパネル展示される浮世絵の風景になった場所など、この機会に旅人になった気分で旧東海道を歩いてみてはいかがでしょうか。(主催者)

〇期間設定:3月4日(土)〜3月31日(金)
〇受付場所・時間:JR横須賀線保土ヶ谷駅 Beans(ビーンズ)保土ヶ谷西館 9:30〜11:00

<コース>
スタート地点:JR保土ヶ谷駅 Beans保土ヶ谷➡問屋場跡➡保土ヶ谷本陣跡➡復元した一里塚と松並木・上方見附モニュメント➡帝釈天と旧元町橋跡➡保土ヶ谷公園➡横浜ビジネスパーク➡神明社➡帷子橋(かたびらばし)跡モニュメント➡香象院(こうぞういん)➡見光寺(けんこうじ)➡旧中橋跡➡ゴール地点:JR保土ヶ谷駅 の約6.5キロ

〇スタート地点:JR保土ヶ谷駅 Beans保土ヶ谷 (9時30分スタート)
画像画像

〇問屋場跡
画像画像
人馬の継立業務や飛脚業務のほか、大名や幕府の要人の公用旅行の際の宿の手配など、今で言う旅行代理店のような役目もしていたようです。
画像
道沿いの家にも広重の浮世絵が描かれています。(保土ヶ谷新町あたり)

〇東海道線保土ヶ谷踏切を渡ります
画像

〇保土ヶ谷本陣跡
画像画像

東海道を往来する幕府の役人や参勤交代の大名は、宿場に設置された本陣に宿泊した。
この本陣は後 北条氏の家臣・苅部豊前守康則の子孫が代々つとめ、安政六年(1859)横浜開港に際しては、当時の当主・清兵衛悦甫が総年寄に任ぜられ、初期の横浜町政に尽くしたそうです。

〇脇本陣
画像
保土ヶ谷宿には本陣一軒、脇本陣三軒、それに一軒の茶屋本陣があり、大名、旗本、幕府の役人等がこれらの宿泊施設を使用していました。脇本陣は本陣だけでは収容できない場合に使用されるものであったが、後には諸侯の内でも万石以下、旗本等は脇本陣を利用していたようです。一般の旅行者は旅籠屋を利用していました。
画像画像
江戸時代の保土ヶ谷宿を通る大名行列。(横浜保土ヶ谷区資料参考)

〇保土ヶ谷宿旅籠
画像画像

旅籠(はたご)は旅人や一般庶民も宿泊できる旅館のような施設です。 宿泊者が限定される本陣と違って、多くの人々が利用できるので、東海道の往来の増加に伴い、本陣よりも賑わい、1842(天保13)年の記録によると、保土ヶ谷宿の旅籠屋は69軒もあったそうです。

〇復元した一里塚と松並木・上方見附モニュメント
画像
外川神社の下、江戸から8番目の一里塚のあった所です。その痕跡は無く、ただ説明版があるだけです。この付近が、保土ヶ谷宿の京方見附のあったところです。
画像画像

👈 東海道松並木

〇保土ヶ谷二丁目(旧東海道へ)
画像
👈 要所要所にある案内板

〇帝釈天と旧元町橋跡
画像画像

昔、今井川は帝釈天の祠のある山裾に沿って流れ、祠の下あたりに旧元町橋があった。今の元町橋は川筋を変えた後のもの。

〇元町ガード交差点 ⇐ 権太坂・保土ヶ谷公園⇒
画像
この交差点を昨年は左折して「権太坂」(旧東海道)方面へ行きましたが、今回は旧東海道をはなれ右折して保土ヶ谷公園方面へ向かいます。

〇保土ヶ谷公園
画像画像
元町ガードを右折して線路沿いの長い急坂を息も絶え絶え登りました。(-_-;)

1949年に完成した球場を手始めに、神奈川県で初めての都市公園のひとつ運動公園として整備され、1957年に完成しました。

〇横浜ビジネスパーク
画像
以前は大日本麦酒、日本硝子の工場跡地です。昭和初期の頃は、日本硝子の工場は国内最大規模の製瓶工場でした。昭和60年工場を埼玉県に移転し、その後野村不動産が所有するビジネスセンターとなりオフィスビル群にレストラン、スポーツセンター、公園を備えている。大小10棟の建物や、ミラノ出身のイタリア人デザイナー、マリオ・ベリーニが手掛けた中央の公園「ベリーニの丘」を囲んだ構成になっています。

〇神明社
画像
平安時代末、当地は伊勢神宮の御領地として寄進され「榛谷御厨(はんがやのみくりや)」と呼ばれ、その鎮守として神明社が建立されました。現在の神殿は平成10年に竣工。ご祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)。

〇帷子橋(かたびらばし)跡モニュメント
画像
昭和39年(1964)の帷子川の河川改修以前は、今の天王町駅前公園に旧帷子橋が架かっていました。(広重の浮世絵には「新甼橋(しんまちばし)」とあります) 👇
画像
画像

初代歌川(安藤)広重「東海道五十三次之内 保土ヶ谷 新町橋」(保永堂版)に描かれた旧帷子橋。
この絵には帷子橋と共に海が描かれていますが事実、この辺りの標高は数メーターしかないそうです。
いずれにしろこのあたりは広重の絵や歌人にも読まれた風光明媚な場所だったと言われています。

〇香象院(こうぞういん)
画像
開山の年代は不詳。保土ヶ谷宿で最大の寺子屋があり、明治6年(1873)に保土ヶ谷小学校の分校となった。保土ヶ谷郷土史家・磯貝正(いそがいただし)氏の功績を称えた碑があります。
街道に面して大きな鉄釜が左右に置かれていますが、かつて本堂の前に置かれた天水桶(消火用の雨水を溜める桶)で、本堂再建の折に門前に移し、危険防止のため蓋を付けたとのことだそうです。

画像

〇見光寺(けんこうじ)
画像
本尊の光り輝く阿弥陀如来像の姿から見光寺と名付けられました。 創建は寛永6年(1629)。
開山は江戸時代初期。保土ヶ谷の住人で熱心な浄土宗の信者、茂平夫妻が建てた。保土ヶ谷出身のコラムニスト・青木雨彦(あおきあめひこ)氏の句碑があります。
画像

保土ヶ谷出身のコラムニスト・青木雨彦(あおきあめひこ)氏の句碑。

〇旧中橋跡
画像画像
慶安元年(1648)の東海道のルート変更に伴い今井川も川筋が変えられ、この付近を横切り「中橋」が架けられました。流路の構造(土木工事の未熟さもあったろう)から大雨のたびに浸水したといわています。
(上記解説はいずれも保土ヶ谷郷土史参考)

〇ゴール地点:JR保土ヶ谷駅 (12時ゴール)
画像
このコースは以前にも数回訪れた場所です。スタート前半と後半は見覚えのある場所ばかりでサクサク歩くことが出来ましたが案内地図には旧東海道の文字もなく(現地では要所要所に「旧東海道」の案内板があります)またコ−スから少し離れますが旧東海道保土ヶ谷地区には外せない「権太坂」の印も無かった。
タイトルの浮世絵パネル設置場所の案内は地図裏面に書いてあり参加者はほとんど気が付かなかったようでした。(私もそのひとりでした)

実歩数距離:12708歩 9.2キロ
総歩数距離:18797歩 12.7キロ

                  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


<番外編>
〇高札場跡・金沢横丁
画像画像
👈 高札場は、幕府や領主の最も基本的な法令を墨書きした木の札を掲示した施設です。
金沢横丁は、保土ヶ谷宿の中ほどにある小さな十字路の呼称。そこから南へ向かう道筋が金沢道(六浦道・浦賀道に続く)十字路の一角に古い道標4基が残っています。 👆

〇古東海道(神明社信号角)
画像
「古東海道」小さな祠の脇にある道標「古東海道」と記されて、交差する道の道標には「相州道」とあります。

画像

〇街中の安全ポールのモニュメント
画像
侍の姿のモニュメント
画像

後ろ姿(左側には刀も) 👉


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
保土ヶ谷宿、懐かしいところです。
自分が見た当時の懐かしいもの、
自分が歩いた以降に出来たもの其々です。
早いものですね、自分が此処を通過したのが10〜11年前です。
一昔の早いことが今更ながら感じてしまいます。
脚が丈夫であったころ歩いてよかったと今でもそう思っています。
country walker
2017/03/11 08:53
country walkerさん

コメント有難うございます。
日本橋から4っ目の宿場町の保土ヶ谷です。
私もイベントで過去2回程この界隈を歩きました。
中でも昨年歩いた権太坂(旧東海道)の坂が一番思い出がありました。
江戸の昔の人々が大袈裟に言うと命がけの旅だったと思う権太坂をcountryさんも歩かれたのですね。
今は昔の面影はあまりありませんが要所要所にある案内板で当時の思いをかいまみることが出来ました。いいですね街道歩きは。(笑)
あすか
2017/03/11 18:43
おはようございます!

保土ヶ谷宿を、天気の良い日に歩かれたあすかさんのブログに改めて自分が歩いた所を思い出しております。
線路沿いの急坂…私もハアハア言いながら登りましたよ。あの場所の住民の方に「大変だったでしょう〜」と、声を掛けられました。(笑)
安全ポールの侍モニュメントは、気がつきませんでしたよ。一度歩いた事のある界隈なのでサクサク歩いてしまいました。
但し浮世絵パネルは、しっかり見て来ましたよ。
セロリさん
2017/03/12 08:52
セロリさん

コメント有難うございます。
あの長い急坂で私も住民さんに「お疲れ様」と声をかけられましたよ。(^^;)
我が家も高台ですがあれほど長い坂ではありませんが、あそこの人たちは毎日の買い物など自転車は使えないし・・・なんて考えてしまいました。
侍モニュメントは旧中橋跡の側の交差点にあり信号待ちで気が付きました。
地図の裏側はあまり見ないで歩いていたのでパネル場所はスタートでもゴールでもチャンスがあったのに気が付きませんでした。心残りです。
JRでは沿線の宿場町駅にはその地の浮世絵パネルを貼って行くそうですね。
あすか
2017/03/12 12:58
スタートする前に地図をよ〜く隅々まで見れれば良いのですが・・・
私はさっと見て歩き始めてしまいます。あとで後悔することもしばしばです。
東海道、大名行列で賑わった宿場町。大名旅行の現代版・国王旅行のサウジアラビア国王ご一行様が羽田に到着されたようですね(^^)すごい人数だとか。
ホロホロ
2017/03/12 21:00
ホロホロさん

コメント有難うございます。
私も同じく貰った地図はいつも確認せず歩きだしてしまい
後で気が付いて戻ったりです。
思い込みが間違える元ですね。(笑)

現代の大名行列ですね。
昔も今もお殿様は何処のお国でも同じですね。(笑)
あすか
2017/03/13 06:21
保土ヶ谷の駅ハイ、行ったことがないところかな、と思っていたのですが、
あすかさんのブログを見て、私も記憶がよみがえってきました。
行ったことがあるな〜と。
保土ヶ谷宿のコースは大きな施設などは有りませんが、随所に歴史的なものを感じさせるものが残ってますね。
歴史好きにはたまらないコースですね。
walkerZ
2017/03/13 07:05
walkerZさん

コメント有難うございます。
昨年からの駅ハイの藤沢宿・神奈川宿・保土ヶ谷宿と今回で3か所目です。
私も保土ヶ谷からスタートした記憶はないのですが2度ほど歩いた記憶があり
神社や史跡で「前はあっちから来たな」なんて思い出しながら歩きました。
現地の昔の資料があまり残っていないそうですが、要所要所の案内板を読みながら当時の旅人の思いを感じてきました。
あすか
2017/03/13 12:22
31日までなのですすね。
風邪が治ったら行きたいです。

拝島も行きたかったのですが、期間が短くて行くことができませんでした。
こちらは我が家からは行きやすかったので。
ジャランこ
2017/03/16 22:52
ジャランこさん

コメント有難うございます。
我が家からは拝島は遠かったです。横浜藤沢方面の方が近く感じました。
保土ヶ谷は過去2回程歩きましたが旧東海道の名残や面影はあまりありませんが
各所に案内板が設置されていて「なるほど・なるほど」と当時の旅人の思いを想像しながらの歩きでした。
スタート時に駅中にある「浮世絵パネル設置場所」をお忘れなく。(笑)
あすか
2017/03/17 06:37
詳しいブログありがとうございます。
私はおしゃべりに夢中で、見落としが多いです。
侍の姿のモニュメント、見つけるの忘れました
暖かくなってきたので、冬眠から覚めなくては!
PAL
2017/03/17 19:24
PALさん

コメント有難うございます。
私もパネルを見落としました。(;^ω^)
私はいつも単独歩行でマイペースで歩いても見落とすことばかりです。
今週は駅ハイ「新宿」あたりをと思っています。
来週から4月にかけては桜巡りです。(笑)
あすか
2017/03/18 06:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅ハイ 保土ヶ谷 本日、お散歩日和=@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる