本日、お散歩日和=@

アクセスカウンタ

zoom RSS 駅ハイ 川越七福神

<<   作成日時 : 2017/01/26 09:28   >>

トラックバック 0 / コメント 12

日精29年1月25日(水)

駅ハイ 時薫るまち川越 小江戸川越 七福神めぐり

画像

期間設定:1月21日(土)〜1月29日(日)

時薫るまち小江戸川越。川越の歴史と七福神めぐりをお楽しみください。(主催者)
受付場所・時間:JR川越駅 9:00〜11:00

川越七福神は今年で3回目。今年の七福神めぐりの最後のコースです。

<コース>
スタート地点:JR川越駅➡妙善寺➡天然寺➡喜多院➡成田山川越別院➡川越城本丸御殿➡川越市立美術館・博物館➡氷川神社➡蔵造りの街並み➡蓮馨寺(れんけいじ)➡菓子屋横丁➡見立寺➡妙昌寺➡小江戸蔵里➡ゴール地点:JR川越駅 の約10キロ

〇スタート地点:JR川越駅 (午前9時スタート)
画像画像

駅構内の受付場所 👉
平日なので参加者もまばらです

〇@妙善寺(毘沙門天)
画像画像

創建時の本尊は薬師如来でしたが、今では不動明王を本尊とし、脇には阿弥陀如来、観世音菩薩、毘沙門天が安置されています。
●川越さつまいも地蔵尊(妙善寺境内)
画像
サツマイモはガンの予防食として注目されています。サツマイモで有名なここ川越では「サツマイモを食べてガンを防ごう」の願いを込め、現代版芋地蔵を建立しました。

〇A天然寺(寿老人)
画像
自然山大日院と号し、天台宗に属する寺院です。天文23年(1554)に開山、栄海上人によって創建されました。天然寺の本尊である木造大日如来坐像(川越市指定文化財)平安時代末期(11〜12世紀)頃の造立と考えられ、市内に現存する仏像としては最も古い作例の一つといわれます。
画像画像

👈 境内に咲いていた蝋梅の花

〇B喜多院(大黒天)
画像
天台宗の寺院。川越大師の別名で知られ、建物はほとんどが重要文化財の指定。天長7(830)年、淳和天皇の勅により慈覚大師円仁により勅願所として創建され、寛永15(1638)年の火災後の再建時には、江戸城内の家光誕生の間や春日局化粧の間が、喜多院の書院、客殿として移築されました。五百羅漢や正月3日のだるま市(初大師)で広く知られています。
画像画像

👈 境内にある五百羅漢

〇C成田山川越別院(恵比寿天)
画像
成田山新勝寺の別院で真言密教の寺院です。喜多院の北側に位置し、地元では「お不動様」として親しまれています。目の病を不動明王に祈願して全治した千葉の石川照温が嘉永3年(1850年)に創建したものと言われています。画像

写真右側が七福神 👉
左側の白い建物は目の不動明王
画像

〇川越城本丸御殿
画像
長禄元年(1457)に、関東管領の扇谷上杉持朝(もちとも)の命により、家臣の太田道真(どうしん)・道灌(どうかん)親子が築城しました。当時の城は、土塁によって囲まれた砦のような規模の小さいものでした。川越城本丸御殿は昭和42年(1967)に県指定有形文化財に指定され、平成18年(2006)には日本100名城に選定されました。

〇川越市立美術館・博物館
画像
川越の歴史や文化が学べる博物館です。建物は川越城本丸の北側、二の丸跡に建ち、平成2年(1990)3月1日に開館しました。

〇氷川神社
画像
太田道灌以来、川越の総鎮守とされ歴代川越藩主の篤い崇敬を受けた。古くから縁結びの神として信仰されています。

写真下: 👇
社号文字は幕末の幕臣 勝海舟直筆
画像画像画像

👈 大田道灌お手植えの矢竹と献詠和歌

〇蔵造りの街並み (12時到着)
画像画像
明治26年(1893)3月17日の出火は、西北の風にあおられて、忽ち西から東へと焼失地域を拡大した。その経験から火災に強い蔵造りは類焼を防ぐための巧妙な耐火建築で、江戸の町家形式として発達したものです。
👈 川越のシンボル時の鐘
耐震補強も済み現在も自動で日4回鳴ります

〇D蓮馨寺(れんけいじ)(福禄寿神)
画像
川越城主の母、蓮馨大姉が、安らぎの場を民衆にもたらすべく建てた寺で、以後、庶民の寺として親しまれてきました。
1602年には、浄土宗の関東十八檀林(だんりん)(増上寺を頂点とする幕府公認の学問所)のひとつとなり、高い地位が与えられ、葵の家紋が許された。
画像

評判のおびんづる様 👉

〇菓子屋横丁
画像
明治の始め頃、鈴木藤左衛門が養寿院の門前町として栄えるこの町で江戸っ子好みの 気取らない菓子を製造したことが始まりといわれています。その後の大正12年、関東大震災によって被害を受けた東京に代わって製造供給を賄い、昭和初期には70軒以上の店があったといわれています。

〇E見立寺(布袋尊)
画像画像画像
永禄1年(1558)後北条氏の川越城将政繁は、城下に一寺を建 立して建立寺と名づけ、一族中の存貞和尚を小田原伝肇寺より招請して開山とし、のち見立寺と改めました。
●赤穂浪士・矢頭右衛門七の妹の墓(見立寺境内)
画像画像
赤穂浪士の一員・矢頭右衛門七(やとう・えもしち/討ち入り当時17歳)の妹の墓があります。討ち入りを前に、母親らとともに叔母の嫁ぎ先の奥州白川藩(福島県白河市)に向かい、討ち入り後に白川藩主の国替えに伴い、上州厩橋(群馬県前橋市)へ、さらに川越へと移住、その時には70代になっていたと推定され、川越へ来た翌年に病没しています。

〇F妙昌寺(弁財天)
画像画像
日蓮宗大本山池上本門寺の末寺で法真山と号します。永和元年(1375)、池上本門寺第四世日山上人が開創しました。後に川越城築城に際し、弁財天の社が川越城の裏鬼門に向いていたことから、鬼門除けの守護神として太田道灌も特に尊崇(信仰)厚かったと伝えられています。
(川越七福神資料を参考)

〇小江戸蔵里(観光土産店)
画像
明治時代に創業した旧鏡山酒造に残る3つの酒造蔵の大空間を活用し、平成22年10月1日にオープンした施設。地域を代表する老舗や有名店のお土産品や特産品が並ぶおみやげ処。

〇ゴール地点:JR川越駅 (午後1時30分ゴール)
画像
JR川越駅前に続く商店街クレアモール
画像画像画像

👈 色紙の七福神 👆 無料スタンプの七福神

今年で三回目の参加でしたが、毎度のことで頂く案内地図に信号や曲がり角の目印が記入されていません。
要所要所には矢貼がありますが矢貼を見落とすと初めて参加される人はかなり迷うのではといつも感じる川越七福神コースでした。

実歩行距離:20726歩 15.1キロ
総歩数距離:26068歩 18.5キロ

                 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<番外編>
〇案内矢貼
画像画像
地図には曲がり角の詳細が記載されていないのでこの矢貼を見落とすと自分の居場所が分らなくおそれも・・・

〇川越 大正浪漫夢通り
画像

〇川越のお土産(芋太郎を買いました)
画像
ちょうど12時 芋ソフトでひと休憩
👇 写真下は”芋太郎”

<2月の予定>
〇駅ハイ 渋谷    2月10日(金)〜19日(日)
〇学生駅ハイ 三鷹 2月14日(火)〜19日(日)
〇駅ハイ 東神奈川       〜2月26日(日)
〇駅ハイ 横浜関内       〜3月14日(火)

〇TWA開催 早春ウォーク ”富士山ゆかりの地めぐり” 
2月25日(土) 上野公園口集合9時(12キロ)当日参加予定



月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
藤沢七福神めぐりに続き川越ですね。
関東ではウォークイベントは期間限定が多い様ですね。
当日限定では参加者が多すぎて困ることもあるのでしょうね。
当地方では桜の咲く頃以外、期間限定は殆ど無く、当日限りの設定となっております。
そのため参加者が多く、地図は貰っても全くと言っても良いほど見ることはありません。前の人たちに付いて行くだけです。
参加者が少なくて前の人が道を間違えると自分も間違って歩いてしまうこともありました(笑)
以前その逆もありましたよ。
country walker
2017/01/26 10:17
川越は3回目になりましたか。
駅内の様子、クレアモールで芋煎餅を買ったこと、菓子屋横丁、時の鐘など、懐かしく拝見しました。

滅多に風邪をひかない私が、かつて川越では風邪をひきました。こんなに寒いのに、どうしてみんな平気なんだろうと、可笑しな経験。
こたつひとつの暖房で窓を開け放たれた時は「何考えてる川越人」と思いましたもの。ヽ(^。^)ノ
東京もこのところ冷え込んで、朝はマイナス気温とか。
御身お大切に。
keiko
2017/01/26 13:50
country walkerさん

コメント有難うございます。
関東のJR駅ハイは期間が3か月ぐらいの時もあります。
JRの職員も毎朝2時間もの間、受付に立って応対も大変ですが参加者側としては感謝です。

土日なら参加者も多く地図ナシで歩けますが平日ははじめのスタート30分ぐらいで単独歩行になります。都心の駅ハイの地図は各信号機の町名や街中の町名が細かく記載されていますが、地方へ行くと矢貼りの案内だけになるので見落としてしまうと解からなくなり徘徊していしまいます。(笑)
また前方の人が間違って歩いていると同じように後をついて間違えたりしてしまいますね。川越七福神の時も三叉路でどの道に行けば良いのかわからないところもありましたよ。
あすか
2017/01/26 18:48
keikoさん

コメントいつも有難うございます。
ここ数日はマイナス温度が続いていますが朝散歩は続けています。頬が冷たく痛いです。(@_@)
keikoさんは以前川越にもいらっしたのでしたね。
今は電線も地下埋設され完全に観光化されてクレープ店やピザ店も出来、若者が多く平日でも結構な人出になっています。
JR川越駅前から続くクレアモールも有名大型店舗も参入し凄い人出になりました。
車で行くと駐車場を探すのに苦労します。(我が家の霊園からも近いので帰りに寄ることがあります)
話が変わりますが北海道の大雪の中でもkeikoさんは今月はもう100キロ越えですか! 
私は寒いからなんて言い訳なんか言えませんね。
あすか
2017/01/26 19:03
川越七福神めぐり、いつかは巡って見たい七福神です。
喜多院や五百羅漢、おびんづる様、時の鐘、懐かしく拝見しました。
菓子屋横丁で亡くなったペットの犬の飴細工を作ってもらいました。
ホロホロ
2017/01/26 21:06
今年最後の七福神巡りですね。
川越さつまいも地蔵尊は名産さつまいもにあやかった
近年できたものなんですね。
あと、50年位たてば、毎日お参りしたがん患者の方が治癒したなどの逸話が生まれるのかもしれませんね。
たいていの菩薩像などはそんな逸話があり、信仰を集めますからね。
今回のコースは矢貼りはあるけれど、地図の情報不足とのこと。
やはり、地図には必要な情報を盛り込んでもらいたいですよね。
東京支社の地図を見習ってほしいものですね(笑)。
walkerZ
2017/01/27 06:44
ホロホロさん

コメント有難うございます。
今の川越蔵通り(一番街通り)は観光地になりましたね。
平日でも若い女性達が沢山歩いていましたがやはりここもお隣のお国の方たちも・・・
(日本に対する反感がある中、観光客の方々はニコニコ楽しそうでしたよ)
あすか
2017/01/27 06:52
walkerZさん

コメント有難うございます。
歴史というものは仰る通りだと思います。
信じないより少しでも信じる方が気持ちも安らぎます。
同じ駅ハイなのに川越七福神めぐりの地図には信号名や道路の町名など詳しく記載されていません。
成田山別院の後も道沿いに(矢貼通り)歩いて三叉路に出るのですが何処の道を歩けば??(私は記憶があるので迷いませんでしたが)
今回で3回目にもかかわらず最後の案内矢貼り直進で歩いたらいつの間にか先の駅の川越市駅についてしまいました。(数人の参加者もキョロキョロしていましたよ)
あすか
2017/01/27 07:06
今日川越に行ってきました。

確かにはじめて歩く人だとわからない地図ですよね。
私が最初に参加した時も同じ地図でしたが、
その時はこの地図だけだとわからないのでと
もう1枚の地図を付けてくれたのですが。

西武と一緒だと、西武のスタッフが立っていてくれるし
もう少し親切な誘導がほしいですね。



ジャランこ
2017/01/29 22:18
ジャランこさん

コメント有難うございます。
28日土曜日は西武と東武鉄道・JR協賛でしたので
私は空いている平日に参加しました。
話によると土曜日は参加者が数千人になると聞いていました。
大勢の場合は地図を見ながら歩かなくても良いですが
平日はスタート30分(2番目の天然寺あたり)後にはもう単独歩行になりました。一人旅は気楽で良いですが知らない場所だと目印がないと徘徊状態になりかねません。(;^ω^)
何度参加しても間違えるところは決まって間違えます。(笑)
あすか
2017/01/30 09:18
コメント入れたつもりでしたが、入ってなかったんですね。失礼いたしました。
先日、美容院でカット担当の方と川越の七福神巡りで話が盛り上がりました。
やはり駐車場を探すのが大変で、観光がほとんどできなかったのでリベンジをしたいと話していました。
近年は、川越の七福神巡りはご無沙汰しているのでまた参加してみたくなりました。
セロリさん
2017/02/09 22:12
セロリさん

コメント有難うございます。
若者(女性)の歴史ブームとまでは行かない川越ですが
年々若い女性グループの人々が目に付くようになりました。
そんな関係でしょうか洒落たクレープ店とかスィーツ店が多くなりました。
平日は1番街は通行ができるので駐車場探しの車がウロウロです。

1月は高齢者のほとんどが七福神めぐりをしています。
高齢男性数人のグループや大学生グループ(男性)も目に付きました。
そんなグループを見かけると何だか気持ちがホッとしました。
あすか
2017/02/10 06:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
駅ハイ 川越七福神 本日、お散歩日和=@/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる